1. マガジン
  2. マガジン
  3. Z900RSに試乗してきました!

Z900RSに試乗してきました!

BGF専属ライターHideki

”The kawasaki ism 店頭試乗&大商談ウィーク”に伴う試乗車レビュー第2弾。

今回ご紹介するのはZ900RS!

出来るだけ専門用語は使わないで、試乗して感じた
ありのままの感想を丁寧にお伝えできればと思っております。

このバイクについては特集記事でもご紹介していますが

今回Z900RSに1度試乗した後、
しばらくしてから、また乗りたくなり、2回乗ってしまったほど
Z900RSに試乗することがとにかく楽しかった!

まずはZ900RSにまたがり、試乗準備。

この車体の重心も関係しているかもしれませんが、
200kgを超えたバイクとは感じさせない、扱いやすさを感じます。

走り出すとすぐに感じるのが
マフラーから聞こえてくるエキゾーストサウンド。

これ冗談抜きでかなり好い音がします。
細かいところまでこだわって開発されたんだと感心するポイントのひとつですね。

そしてクラッチ、ギア操作やアクセル操作を繰り返していくうちに
パワーと扱いやすさがしっかりと両立しているバイクだと感じてくるはずです。

もっと走りたい、もっと遠くへ行きたいと
自然に込み上げてくる感覚とでも言いましょうか、
理屈抜きで楽しめるバイクに乗れたというのが率直な感想でした。

前回ご紹介したNinja1000と今回のZ900RSを比較すると
どちらも優秀で、バイクとしての完成度と満足度は高いのですが
双方ともアプローチが違うと感じました。

少々強引な例えかもしれませんが
Ninja1000は成績優秀でスポーツも万能なクラスで一目置かれるやつ。

Z900RSは古き良き時代を好み、勉強はできるが、
遊びが中心なクラスの人気者とでも言いましょうか・・。

これは人それぞれ感じ方が違うかもしれませんが(笑)・・・

とにかく、評判では聞いていましたが、
やはり乗ってみなければわからないのがこのZ900RSなんだと思います。

今回はZ900RSを試乗してご紹介いたしましたが
皆様にも是非とも乗って頂きたいバイクでありました。

バイクガレージ福井では21日(日)まで
”The kawasaki ism 店頭試乗&大商談ウィーク”を開催しています。

バイクを試乗できるチャンスは滅多にあるものではありません。
このチャンスをぜひご活用ください。

バイクガレージ福井に聞いてみる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事