1. マガジン
  2. マガジン
  3. Kawasaki Z900RS特集記事

Kawasaki Z900RS特集記事

BGF専属ライターHideki

Z900RSとの出会い

ある海岸線から近い道の駅に隣接してあるベンチで休んでいると1台のバイクが目の前に止まった。
そこへ、ひとりの若者が近いづいてきて「このバイク僕も検討しているんです。」
好奇心でいっぱいの眼差しにそのバイクのオーナーも満更でもなさそうで親しげに会話をしていたのがとても印象に残っている。

そう、その眼差しの矛先は今回ご紹介するカワサキが2018年に発表したZ900RSである。レトロスポーツとしては申し分ないデザイン性でアクセルを捻れば低音がしっかりとしたエキゾーストサウンド走り出せばライダーの感覚にしっかりと応えてくれるカワサキ伝統の並列4気筒のエンジン。

恐らくこの記事をお読みになっている方はこれからのバイクライフを演出する相棒としてすでに検討車種に名乗りを上げていることだと思う。

この記事を書くにあたって調べれば調べるほどこのバイクの売れ方や人気の高さに驚愕するばかり。
では今回、なぜこのバイクを記事にするかというと乗り味やスペックは皆さんも様々な記事から情報を得ていると思われるので、少し、違った視点を織り交ぜながらこのバイクに乗るということを考察してみたいと思ったからだ。
このバイクの人気を裏付ける出来事に遭遇した奇妙な出会いのバイクをご紹介していきたい。

レトロスポーツの醍醐味

Z900RSはカワサキのDNAに組み込まれた頑固たる存在であるZ1をリスペクトして開発されたバイクである。

ただ、伝説的な過去のバイクを復活させるだけではなくこれまで積み重ねてきた技術を伝統と融合させることで、五感で感じるカワサキの強みや魅力をつぎ込んだバイクであることも間違いない。
またがってみると身長176cmの私が充分なくらいの脚付きで着座姿勢に無理もなく程よくハンドルに手がかかるバランスのとれた位置になっている。
クラッチは驚くほど軽く長距離を走っても疲れはほとんど感じることはないであろう。
ニーグリップもしっかりとホールドでき走行中のメーター確認作業も無理なく行えるはずだ。
取り回しについても程よく重さを感じるぐらいで無理に屈めながら押していくこともなくスムーズな取り回しが可能だ。

Z1を知るライダーには思わずにんまりするほどのマフラー音や空冷かと思わせる乗り味が再現されているのに驚くであろう。このバイクに乗るライダーはこのバイクを意のままに操れる操作性を体感させてくれるそんな仕上がりになっている。

記者が感じたことはさすがカワサキ、バランスのとれた説得力のあるバイクを発売したんだという印象である。
伝説とまで言われたバイクの再現を今の技術で世に送り出してきたとはカワサキファンにはたまらない喜びであろう。

このバイクに乗ると言うこと

伝説のバイクを再現しているからと言って古さだけを感じることは全くと言っていいほどない。
冒頭でも紹介したこのバイクを検討していると言っていた方も20代後半から30代前半であろうと思われる。
もちろん幼い頃にどこかで見かけた思い出がそう思わせているのかも知れないがそれだけではないであろう。
バイクと言って連想させる形はやはりこのZ900RSに近いのではないだろうか、それほどこのスタイリングは、バイクを代弁する形と言っていいほど伝統的なスタイルを受け継いでいると思われる。

さて、このバイクをいざ購入すると次に考えてしまうのが乗る時のファッションをどうするのかではないだろうか。
バイクライフさえも提案されるような面白さを感じるのもこのバイクの魅力なんだろう。
お気に入りの服を着てお気に入りのバイクに乗って好きな道をただひたすら走り続ける。
こうやって想像するだけで何だかワクワクしてくるこのバイクはさすが想定した台数以上に売れているというのも頷ける。
乗り手をおしゃれにする魅力はこのバイクのセンスと言ってもいいであろう。

センスついでにこのシリーズはスタンダードなZ900RSにCafeタイプもリリースされている。

前面にカウルを施し、よりスポーティーな味付けがされ、Z900RSとは違うハンドル位置やシート高で仕上げられている。

さらにこだわるなら、Z900RSとZ900RSCafeは共にカスタムが全面的に提案されているところが魅力的なシリーズとなっている。
東京モーターサイクルショーで何台かのZ900RSのカスタムバイクが紹介されていた。
自分だけのZ900RSを時間をかけて作り上げていく喜びもまたこのバイクに乗る醍醐味ではなかろうか。
ただ納車されたバイクのどこをいじるかを悩むほど完成度が高い仕上がりになっていることはお伝えしておこう。

終わりに

今回、Z900RSを特集したこの記事を書き上げることはバイクの面白さを感じさせる楽しい時間であった。
このバイクを購入される方は是非とも長く大事に乗り続けていただきたい。
次の伝説になるかもしれないバイクが発表されたそんな歴史的な瞬間である。
この記事をお読みいただいている読者様の中でZ900RSを検討している方は、是非バイクガレージ福井へお問い合わせを。
展示してあるバイクをご覧いただくもよし、ぜひZ900RSがあるバイクライフを想像してみてほしい。

バイクガレージ福井に聞いてみる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事